A.B.C-Z楽曲大賞に投票しました

2017年2月1日 A.B.C-Zデビュー5周年おめでとうございます☆☆☆☆☆

 とはいえ、私はデビュー時に立ち会っているわけではないので、その日付自体にはあんまり感慨深さはないのが現状(もともとアニバーサリーに興味がある方ではない)。なんて思っていたのだが、お渡し会のあの異様な空気*1のおかげで、このお祝いムードに乗っかるしか!という気持ちになってしまった。まあ要するに現場によるデレ期の到来。
ということで、A.B.C-Z楽曲大賞2017に投票しました。ジャニーズ楽曲大賞は何だかんだ初回からずっと投票してて、でも最近はコメントを文章化する余裕がなかったんだけど、せっかくの単独楽曲大賞だしこんな気分になっているので、真面目にコメントを書いてみた。ので以下覚え書き。

楽曲部門1位:メクルメク
 A.B.C-Zの1つの特徴ともいえる、華やかなショーのような楽曲の完成形。郁人の歌い出しで恋に落ちた。うっとりと夢を見られて、幸せしかない世界がここにはある。現実は奈落の底からじっとりと見つめるヲタクでごめんなさい。この曲が初めてのオリジナルアルバムに収録されている、というのも◎。

楽曲部門2位:Twinkle Twinkle A.B.C-Z
 こっちおいで、楽しいよ、とキラキラした世界に手招きしているイメージが浮かんでくる。というかその手に招かれてえび落ちしたのが私。思い入れを差し引いても、A.B.C-Zにしか出せない世界観の楽曲だと思う。1カメはこうでなくちゃ、と感じさせる完成度の高いMVも大好き。

楽曲部門3位:SPACE TRAVELERS
 この曲がシングルタイトル曲になってしまうA.B.C-Zワールド愛してる。昭和だなんだ言われてるのを逆手に取った(のかは分かんないけどとりあえず振り切った)結果がこれ。テカテカの胡散臭いメンカラ宇宙服できびきび踊る姿も含めて、デキる人たちがコミカルなものを全力でやるとこうなるというお手本。

楽曲部門4位:Vanilla
 この曲が始まるとその場の空気が締まる。格好良くて色っぽくて少し危うい、アイドルを正しく鑑賞できる曲。

楽曲部門5位:気にせずGo My Way
 2015年にやってきた塚ちゃんのブレイクの裏には、この曲が一種のブーストになっているはず(思い返せば種は撒かれ続けていたけれど)。Legendコン代々木で「気にせず!Go My Way!」のコールとともに花道が黄色く光り、客がその意味を理解した瞬間の興奮とどよめきは忘れられない。

 Vanillaのコメントが短いのは、投票に至った1番の理由が「いや"えびの5曲"を挙げるのにVanilla外せないでしょ…」というのが1番の理由だからです(笑)Finally OverやGreat5系統の曲が入れられなかったのがちょっと残念。あと、Legend Storyの「誰かが夢を見る限り 続いてく伝説」ってフレーズがすごく好きだ、Legendコンでペンラの海の中聞いたのは感動した、ということはどうしても書き残しておきたい。ちなみに次点はSummer上々!!とZa ABC~5stars~。

劇中曲部門1位:ホワイト・ノイズ
 『コインロッカー・ベイビーズ』という作品が持つ狂気を見事に表した1曲。1幕で純粋に"音"を追い求める2人の歌と、2幕で執着し狂っていくハシの歌声の落差には鳥肌が立った。

劇中曲部門2位:コインロッカー・ベイビーズ
 舞台に対する期待と不安がない交ぜになった空気を切り裂いたオープニング曲。この曲で不安は吹き飛んだ。エネルギーと絶望感の具合が絶妙で、一気に舞台の世界に引き込まれる。

劇中曲部門3位:サポーターズ
 物語の大団円を包み込む楽曲であり、応援する=寄り添う、はA.B.C-Zからファンへの姿勢にもつながるような気がする。そういう意味でとてもA.B.C-Zに似合っていると思う。でも頭に残るのは\からのZ!全力!/

 コイベビ大好き人間ですまんな…でも実はコイベビの中でも好きな曲はハシキク以外の曲だったりする…(主にアネモネ曲)。2位のコイベビ(曲)も、好きなのはハシキク出てくる前の部分だしなあw次点は悲しき雨音と神様チャンスを。


 私はパフォーマンスとそれに付随する楽曲が好きでえび担やってる、何なら音楽が鳴ってないときのえびは魅力半減とまで思っている人間*2なので、素敵なパフォーマンスを見せてくれる最高の楽曲をこれからもお待ちしています!!!A.B.C-Zのサービス精神が好きだ!!!

*1:褒めてる

*2:なんてったって自担と芸風が合わないw

2016現場まとめ

 足を運んだライブと舞台(とイベント)をジャンル問わず並べてみた。ゆえに現場って言っていいのか分からないのもいくつか交じっている。いつの間にやら舞台ばかりになったもんだ…。そして今年は軽率に複数回入ったものが多い。こうやって深みにはまっていくんだろうな…。

1/17 舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ @東京宝塚劇場
2/13 舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ @東京宝塚劇場

初っ端から複ステしてるぞ私。そうそう、GJがやたら好みのツボだったんだ。宝塚はお芝居よりショーを見るのが好き。

3/28 最高はひとつじゃない2016 SAKURA @東京芸術劇場 プレイハウス
ヒップホップ経験が無さすぎて全てが新鮮だった(笑)異文化交流だいじ。

4/4 毛皮のマリー @新国立劇場 中劇場
自分でも意外だったけど、まさかの苦手な世界観だった…。劇場選びも失敗だったかも?演目と会場の広さのバランスの重要性を思い知った。

5/5 フェアリーズ LIVE TOUR 2016 -Answer- @舞浜アンフィシアター
アンフィシアター結構良い会場だった。遠いけど。私はやっぱり歌い踊る女の子が好きだーと思わせてくれたライブだった。

5/27 ボクの穴、彼の穴。 @PARCO劇場
まさかアイドル推しててこのタイプのお芝居が見られるとは。頑張って(当社比)チケット探し回ってよかった~。

6/5 コインロッカー・ベイビーズ @赤坂ACTシアター
6/10 コインロッカー・ベイビーズ @赤坂ACTシアター
6/15 コインロッカー・ベイビーズ @赤坂ACTシアター
6/16 コインロッカー・ベイビーズ @赤坂ACTシアター

いやーーーもうほんと最高だったよーーーー(泣)これ書きながら楽曲思い出してロスに陥ってるから(号泣)舞台自体も最高だったし、この舞台に立つ自担を見られたのもよかった!誇らしい!

6/18 DREAMGIRLS @東急シアターオーブ
穴→コイベビで重ため/キツめのに慣れたあとだったので軽さに違和感(笑)

7/2 Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」 @北海きたえーる
今年ぱふゅはこの1公演だけだったのか…PTA1次で外れたのちぼやっとしてたら幕張行きそびれたとかいう意識の低さよ…。隣にいた地元の男子高校生にノリ方参考にされたっぽいの笑った。ぼっち遠征女ですまんな!

7/9 フェアリーズ LIVE TOUR 2016 -Answer- @舞浜アンフィシアター
あからさまに1人参加の大人を関係者席の後ろに集めていたことは忘れないw

8/11 A.B.C-Z Star Live Travel Concert @代々木第一体育館
CD出すようになって生披露してない曲が増えたからやりたかったんだねえ^^って印象。えびコンはファンのノリがどうも微妙でいつもむず痒い。

8/21 A.B.C-Z 感謝祭 @WINC AICHI
会場名書いちゃったけどまあ時効だよね?(笑)繁忙期の繁忙日の繁忙時間に有休とって飛んでった挙句、自担の記憶が全くないとかいうダメ社会人は私です。

9/6 其処馬鹿と泣く @ニッポン放送イマジンスタジオ
小劇場的なものを冷めた目で見るようになっていた自分にショックを受けた…。感覚の変化なので仕方ないけどつらい…。

10/2 A.B.C-Z Star Line Travel Concert @大阪城ホール
リコーダー事変とパリコレの現場に遭遇(オーラス)。

10/12 ABC座2016 株式会社 応援屋!! @日生劇場
10/18 ABC座2016 株式会社 応援屋!! @日生劇場

えび演じるキャラクターになぜか愛着が持てず、チェリームーン行きたい、がこの時期の口癖だったwデジボも好きだよ~。停電回引き当ててしまったのも良い思い出。

11/6 ダイヤルA.B.C☆E公開録音(ラジフェス2016) @赤坂サカス
わーい公開録音だーって気軽に行ったけど、何かすごいところにぶっ込まれてたよね…。えっちゃんが逆サイドでお顔拝見できずちょっと残念でした。

12/5 フィフティシェイズ!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~ @新宿FACE
12/9 フィフティシェイズ!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~ @新宿FACE

歌舞伎町のライブハウスにパイプ椅子敷き詰めてお酒飲みながら見るエロコメディ、楽しくないわけないでしょうよ…!軽率におかわりした。

12/26 ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy? @東京ドーム
年末にとんでもないご褒美席が来た…とんでもない現場納め…。もちろんコンサート自体が最高なんだけど、もはや何が何だか…。私の現場観は嵐コンに育てられた部分が大きいと確認せざるを得ないコンサートだったな〜。

 偏りがあるわりには、いろんな経験ができた現場が多かったかな~。我ながら現場充で何より。2017現場始めはシェイクスピア物語@KAATの予定。素敵なエンタメにたくさん出会えますように。

手帳2017始動しました

手帳が撮りたいのかスタバが撮りたいのかよく分からない写真(そして後者の割合が意外と高い)

 今年もまた新しい手帳を下ろす季節がやってきたぞー!…と言っても、毎年ほぼ同じシリーズを使っている。高橋書店のフェルテ、土日均等バーチカルの黒。いろいろ試した時期もあったけど、最終的にはどシンプルなこれで落ち着いている。

 実は2016年はレフト式にしてみたんだけど、途中で書かなくなってしまったので戻すことにした。時間に縛られる職種ではないので、基本的にはバーチカルに向かない生活だし、実際バーチカルの縦軸がToDoリストのメモ欄と化していた。だから1年間レフト式を使ってみたんだけど、途中で飽きちゃったんだよね…。
 で、バーチカルに戻して1週間経って、その理由が分かった。スケジュールが図になるのが見てて楽しいんだわ。大して書くスケジュールもないんだけど、それでも時間軸に矢印引いたり囲ったりして図になってる方がいいらしい。*1
 人に見せる手帳ではないので、手帳は自分が楽しくてナンボだなと思ったwなんてったって、楽しくないと書き続けられない!まあ少しでも見てくれが良くなるよう、細かく書き込んだり、予定をたくさん入れたりするようにしますかね…。

 目下の課題は、マンスリーの使い方なんだけど、何かいい使い方ないかな〜。スケジュール管理はオンオフまとめてウィークリーでやってるから、それ以外で。ということで今年もまだまだ各種雑誌の手帳特集を読みあさるよ!

*1:レフト式でも矢印引く使い方はあるけど…